2009/02/06 (Fri.) MINEZIL at MOJO WEST

京都の北山にあるライブハウス、「MOJO WEST」にて、『MINEZIL』 という名に決められてしまった、ブラジルバンドが初登場しました。 Tommyさん、ぺっぺいさん、カジヤ兄という、馴染みの4人の編成です♪
激しいサンバから、のったりゆったりのボサノバまで、ブラジル音楽祭り!
今回は、ぺっぺいさんのオリジナルの中から、「奇跡の瞬間」 を新たにデュエット・レパートリーに加え、数曲歌わせていただきました。 「日本語のボサノバはちょっと…」 というお客様も、「CDが欲しい」 と後で問合せをいただきました。
北山もお洒落でステキな場所だったし、とっても楽しい一日でした。

峰愛美子(piano, vocal)   川辺ぺっぺい(bass, guitar, vocal)    Tommy (trombone)   ロベルトカジヤ(perc.)

 
     
 
いつも、楽器をいそいそと持替えてくれるぺっぺいさん。  
2ndステージでは、しばし楽器を離れ、歌に集中。
 
「Belimbou」。この楽器の音をモチーフにした曲。  
トミーさんとカジヤ兄の、バトルが始まる。
 
某ドラマー、K氏ゆずりの雄叫びで、笑いを取る(笑)  
最後は皆で、サンバを歌って♪
Muito obrigado

戻る